2013年08月28日

シカゴからの手紙

今日は山本先生のところに届いた大変嬉しいお手紙を皆様にもご紹介いたします。

それは、アメリカのシカゴ在住の日本人の方からのお手紙です。
この方は、二人のお子さんのお母様で、いずれのお子さんにもアレルギーがあって、毎日の食事に大変気を使って過ごされていたそうです。
そんなときに、シカゴの書店にて山本先生の本
「アレルギー対応簡単おいしいごはん(2007年グラフ社より出版)」(http://www.genki-gohan.com/products/detail.php?product_id=11)
に出会ったとのこと。

先生の情熱と愛情を感じ、そのおいしさに心から感動している・・・と大変嬉しいお便りでした。

特にその方が感動してくださったのが、その本の前書きに載っていた先生のメッセージだそうです。

皆さんにも一部抜粋でご紹介させていただこうと思います。


グラタン.jpg
 ふわふわのケーキ、小麦粉のパスタ、おいしそうな点心、香ばしい香りのパン。
クラッシックなお菓子やディナーメニューを教える教室の中で、それを食べられない子どもたちに出会ったのが5年前。
以来、同じ料理を作ってあげたい、食べられないものがないようにしてあげたい、と切に願ってきました。
食物アレルギーを持つ子どもにとって、人が食べているおいしそうなものを食べられないという気持ちは、
いちばんのストレスになります。もちろん、お母さんにとっても・・・・・・。
 試行錯誤を繰り返した5年の間に、私は、卵や小麦だけではなく、いろいろな食品をとることのできない子どものケースを知りました。
そして、どんな条件においても同じように食べられる、レシピの提案を目指すようになったのです。除去するという考え方ではなく、
食べられるものの中で、新しい料理を生み出すことに楽しみを見つけられるのは素敵なこと、と思うようになりました。
 実は、アレルギーを起こしやすい食物を避ける食事は、元禄時代以前に食べられていた純日本食と同じであり、
真の健康を獲得するのに適した食事でもある、ということを知りました。卵、乳製品、小麦粉そして油も使わない食卓は、
まさしくむかしむかしの日本の食卓と共通するものなのです。さらに、小児肥満や小児糖尿病、メタボリックシンドローム等の
現代病に有効な食事法とも一致すると考えられます。想像力・・・そこにないものを作り出す、または考え出す力・・。
それさえあれば生き生きと幸せな時間が、どこにでも与えられるのです。この本が、一人でも多くの子どもと、
そしてともに戦うお母さんたちに届き、バラ色の笑顔があちこちにこぼれ出すことを願ってやみません。


posted by グレイニスト at 12:52| INFOMATION お知らせ

2013年07月24日

義援金募集のご案内

平素はグレイニズムの推進に格別のご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、皆様既にニュース等でお聞き及びのことと存じますが、
去る7月18日未明から夕方にかけて山形県内全域を記録的な豪雨が襲いました。
さらに22日にも激しい雨が降り、私たちグレインマイスターが日頃大変お世話になっている
高畠地区や白鷹地区に大きな被害が発生しております。

幸い、人命にかかわるような最悪の事態は免れたとのことですが、
床上浸水の被害に合われている生産者さんもおられれば、
大切な圃場が水に浸かって収穫に影響が出ることは避けられない状況の生産者さんもおられ、
そのご心痛のほどは察するに余りあります。

そこで、NPO法人グレインズ・イニシアティブでは、
高畠地区・白鷹地区の生産者さんへの義援金を募ることにいたしました。
日頃、お世話になっている生産者さんへ皆様のお気持ちをお寄せいただけますようお願いいたします。

募集金額  (一口)千円より何口でもかまいません

振込先 ゆうちょ 14580-13971721 アトリエグリーンゲイブルズ

*アトリエグリーンゲイブルズは山本朝子が主宰する別団体です。
グレインズ・イニシアティブがゆうちょ口座を持たないため、振込手数料のご負担が
かかりにくい(月5件以内であればゆうちょ間の振込手数料は無料)こちらの口座を
指定させていただきました。


どうぞよろしくお願いいたします。


NPO法人グレインズ・イニシアティブ事務局続きを読む
posted by グレイニスト at 10:13| INFOMATION お知らせ