2013年09月25日

穀物を食べるということ vol.19「健脳食、健腸食、免疫力アップ食」としての側面

test_benkyou_girl.png  test_benkyou_boy.png

 健脳食(ブレインフード)とは頭をよくする食事法のこと。脳を活性化させて受験生の学習能力を高め、高齢者の認知症を防ぐ、と注目を集めています。健脳食として勧められるのは「脳はブドウ糖のみをエネルギーにするので、糖=炭水化物であるごはんをしっかり食べる」「心穏やかでないと勉強できないので、幸せのホルモン=セロトニンを活性させる食材を食べる」「脳を活性化するギャバを摂る」「アドレナリンが切れないよう、すぐに血糖値を上げてしまう甘いお菓子やジュースは避ける」「第二の脳といわれる腸を健康にする」などの食事です。
 このコラムをずっと読んでくださった方にはすぐ解る通り、これらの5つはすべて、日本の伝統食を正しく食べればクリアできます。ただし、最初に出てくるごはんについては、精白した炭水化物(白米、白いパンなど)にはそれを燃やす補酵素がないので、できるだけ全粒食を取り入れるべきです。玄米や雑穀をしっかり発芽モードにして食べる、これが健脳食の要です。セロトニンについてはvol.16「精神を癒すセロトニン活性ダイエット」としての側面で述べた通り。ギャバは玄米を発芽モードにすることで得られます。知識さえあれば、高価な発芽玄米や発芽長利用の器具を買う必要はありません。参考: vol.11ギャバがキャパを上げる、頭を良くするご飯の食べ方
 腸の健康といえば、味噌・醤油・酢など日本の伝統的な調味料はすべて発酵食品です。油っぽいもの、動物性たんぱく質を多食しないことも腸の健康に役立ちます。そして何といっても、腸の健康に不可欠なのが食物繊維。穀物と野菜と海藻をしっかり食べ、不足するたんぱく質を豆や小魚で補う日本の伝統食は食物繊維たっぷりです。腸内細菌が喜び、腸内環境がよくなるので、腸が健康になり、免疫力も上がるのです。
posted by グレイニスト at 10:50| COLUMN Grainism 穀物を食べるということ