2013年09月19日

穀物を食べるということ vol.16「精神を癒すセロトニン活性ダイエット」としての側面

 セロトニンは脳内の神経伝達物質のひとつで、脳内のドーパミン(快感物質・やる気の素)とノルアドレナリン(警告物質・恐れや驚きの情報をコントロール)のバランスをとり、精神を落ち着かせます。セロトニンが十分に分泌されているときは幸せな気持ちになるだけでなく、イライラによる過食も抑えられるので、セロトニンを活性して“太りにくい脳”を作りましょう、というのがセロトニン活性ダイエット。セロトニンのもとになるトリプトファンを多く含む食材=肉、赤身の魚、乳製品、バナナ、大豆製品、ナッツ類をたくさん食べるのがよい、とされています。
 上記でいうダイエット(減量)でも、精神を癒すダイエット(食事療法)においても、「幸福のホルモン・セロトニン」に注目するのは間違っていません。しかし、そのために肉や乳製品を多食するのは本末転倒ではないでしょうか。
 ご存知ですか?脳に存在するセロトニンの90%以上が腸で作られることを。セロトニンを十分に作るには、腸を荒らすものを食べず、腸内環境を良くするものを、よく噛んで消化しやすいかたちで食べることが大切です。これも日本古来の伝統食に叶っていますね。精白しない穀物を主食とし、季節の野菜や海草や小さな魚介類を摂るのですから。
 玄米や野菜にたくさん含まれる食物繊維は腸内細菌のエサになり、いきいきと動く腸の中でセロトニンは活発に分泌されます。また、よく噛むことで頭脳が明晰になり、血流もよくなり、唾液の分泌が増えて事前消化を促進してくれます。肉やマグロや乳製品をとくにたくさん食べなくても、日本の伝統食を正しく食べ、朝きちんと起きて、外気に当たる普通の生活を守ることがセロトニン活性の鍵だといえそうです。
 近年アメリカで「腸は第二の脳である」という研究発表が注目を集めましたが、日本語でも「腹が据わる」「腹を決める」「腹をくくる」など、ここぞというときに「腹」が使われます。腸と精神活動に深い結びつきがあることを、私たちの先祖は遠い昔から知っていたのですね。
posted by グレイニスト at 13:01| COLUMN Grainism 穀物を食べるということ